葬儀における正装とは

葬儀の服を用意しておく

トップ / 葬儀の服を用意しておく

葬儀の時の服装マナー

お通夜の場合は、グレーや紺などの地味な平服でも構わないとされていますが、最近では告別式に参列できず、お通夜が最後のお別れという人が増え、喪服で参列しても差し支えないようになってきています。葬儀、告別式に参列する場合は、ブラックフォーマルが基本です。男性ならブラックスーツ、白シャツと黒無地のネクタイ、女性なら黒のワンピースまたはツーピースです。故人とのお別れの式ですので、控えめな服装を心がけます。金具のないバッグや靴を着用し、光物は避けます。アクセサリーは真珠のネックレスはよいとされています。突然の葬儀にあわてないよう、冠婚葬祭に使用できる服装一式をそろえておくことをおすすめします。

お葬式に参列する際の服装

葬儀に参列する場合には、その場に合わせた服装をする事がマナーです。参列する際にどのような服装をしていれば良いのか紹介して行きます。男性の場合、喪服または黒のスーツ、白いワイシャツ、黒いネクタイ、靴下は黒です。靴は光沢のない黒い靴を選んでください。女性の場合は、黒のスーツ、アンサンブル、ワンピースなど良いでしょう。ストッキングは黒、靴は光沢のない黒いパンプスを選んでください。ミュールや爪先の出る靴は避けるようにしましょう。制服のある小中学生は制服を着用して参列をしてください。葬儀は急に行われるものですから、事前に準備ができません。万一に備えて用意しておくと良いでしょう。

香典袋の書き方の情報