葬儀の費用を決める

家族の葬儀の費用とは

トップ / 家族の葬儀の費用とは

葬儀にかかる費用について

葬儀にかかる費用の全国平均は約200万円と言われています。かかる金額は会葬費用とお寺へのお布施に分かけられます。会葬は火葬のみの直葬であれば15〜30万円、近親者のみの密葬・家族葬であれば40〜50万円程度で、これを式場で行なえば会場使用料が公営で10万〜、民間で20万〜ほどかかります。葬儀社を利用する場合決められた基本料金があり、祭壇の飾りつけの花の量などにより価格が変わっていきます。あらかじめ社の会員になっていれば割引のサービスもあります。お布施は本来相場は無く、お寺とのお付き合いや戒名の位によって変わってきます。万一のときの為に、自分の葬儀について家族と話し合っておくのも良いかもしれません。

冠婚葬祭の費用について

同居の親族などが亡くなった場合、葬儀を執り行う必要があります。費用の相場としては、故人の友人などに参列してもらう形式で、飲食接待を行い、お寺で供養してもらうといった場合の全国的な平均額としては200万円程度です。この内訳としては葬儀一式の費用で120万円程度、飲食接待費で40万円程度、お寺への支払いが50万円程度が平均的な相場です。ただし、故人が家族葬などの密葬を希望した場合や、参列者が非常に多い場合などケースにより、金額は変化します。故人の最後の送り出しとなる葬儀ですので、故人の遺志を尊重して執り行うことが大切です。

香典袋の書き方の情報