葬儀を行う日取り

葬儀の日にちを決める

トップ / 葬儀の日にちを決める

葬儀を避ける日とはどんな日か

世間の風習として葬儀を避ける日というものがあります。特に代表的なものは、六曜の「友引」にあたる日です。友引は、「凶事に友を引く」」という意味だとされ、この日のお葬式は友人をあの世へ引き寄せてしまうという言い伝えがあります。また、現実の問題として友引に合わせて火葬場が休業をしている場合も多いので、否が応でも避けることになるという一面もあります。この六曜は、中国で生まれた占いのようなもので仏教とは無関係なため、たとえば占いを否定している浄土真宗などでは気にせず葬儀を行います。他には、松の内の間は世間の雰囲気を考慮して避けることもあります。この場合は、期間が長いので密葬にし、後日改めてお別れ会の類をおこなったりします。

送り日として避ける日

葬儀を行う日として避ける日は六曜歴の友引きと大安です。また正月の松の内も行いません。友引きは字の通り「友を引く」、友を黄泉の世界へ引き連れていくという連想から避ける日とされています。大安もこの日は吉日とされ結婚式を始めお祝い事に好まれる日なので、そのような日とお葬式を一緒にすることは避けようという考え方によるものです。実際は六曜歴と仏教は関係がありませんので気にすることは無いのですが、長年の慣習を破ることは周囲の理解が得にくい場合もあります。そのため迷信とは思いつつも慣習に従う方が無難のかもしれません。葬儀の日取りは会社と相談して決めるのが良いでしょう。

香典袋の書き方の情報